新日本教育

会員ページはこちら

新着情報

<< 前へ Page.1 / 29 次へ >>
2024/01/30
田中書道学院と田中そろばん学院  入会金無料+初回教材費無料キャンペーンを2月1日より実施
「田中書道学院 こども向け書道教室」と「田中そろばん学院」では、2024年2月1日から同3月27日までに入会手続きをされた方を対象に、入会金無料+初回教材が無料になる「初めての書道・そろばん スタートキャンペーン」を開催いたします。

■キャンペーン概要

期間  :2024年2月1日〜同3月27日
対象者 :期間中に対象講座に新規ご入会手続きをされ、
     翌月までにおけいこを開始される方
対象講座:田中書道学院 幼児かきかた教室(対象:3歳〜年中)
     こども書道教室(対象:3歳〜中学生)
     田中そろばん学院 キッズコース(対象:3歳〜年中)
     アバカスコース(対象:年長〜小学生)
特典  :入会金(3,630円)無料
     さらに、下記講座では初回に必要な教材を無料でプレゼント
     <田中書道学院 こども書道教室>
     書道セット(筆除く)と通塾バック(通常価格6,050円)
     <田中そろばん学院 キッズコース>
     計数そろばんとKIDSパズル(通常価格6,050円)」

【田中書道学院の概要】
本キャンペーンでプレゼントする「書道セット」は書道家が、子どもが上手に文字が書けるようにと厳選した道具が入っている書道セットです。

【田中そろばん学院の概要】
3歳から年長が通うキッズコースでは本キャンペーンでプレゼントする「計数そろばん」と「KIDSパズル」を使って、文字としての数字と物の量としての数を一緒にイメージできるように遊びながら学びます。
小学生向けのアバカスコースでは、昔からある技術を磨くそろばん教室ではなく、そろばん学習で身につけた計算力を元に、算数・数学が大好きになる子どもを育てます。

▼キャンペーン詳細URL
 https://shoun.e-nippon.co.jp/start_campaign2024
2023/12/15
年末年始休業のお知らせ
新日本教育では、下記の通り年末年始休業とさせていただきます。

2023年12月28日(木)〜2024年1月8日(月祝)


お休み期間中でも、Webフォームからのお問い合わせは可能です。
1月9日(火)より順次回答させていただきます。
ご連絡にはお時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

※カルチャーセンター内教室でご受講の方はルールが異なります。
各教室でご確認ください。
2023/08/01
夏期休業のお知らせ
8月11日(金・祝)〜8月17日(木)まで、樵雲学園は夏期休業となります。
全講座休講となります。また受付業務もすべて休業となりますのでご注意ください。

夏期休業中にお送りいただきました、Webフォームからのお問い合わせにつきましては、8月18日(金)以降順次対応させていただきます。

【会員の皆さまへ】
各種届出の〆切は8月18日(金)までとなります。夏期休業期間にご注意ください。

各種届出について

※カルチャーセンター内教室はルールが異なります。各教室でご確認ください。

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
2023/07/20
新日本教育と日本花と緑の推進協会が業務提携
世界的庭園デザイナー石原和幸が指導・監修の講座を取り扱い開始

樵雲学園を運営する非営利株式会社新日本教育は、一般社団法人日本花と緑の推進協会(所在地:東京都中央区、代表理事:石原 和幸)と業務提携を開始し、世界的庭園デザイナー石原 和幸指導・監修のオンライン講座「花みどりマイスター養成講座」の取り扱いを開始しました。

【業務提携の背景】
非営利株式会社新日本教育の企業理念は日本文化を振興することです。
一般社団法人日本花と緑の推進協会の代表理事であり、庭園デザイナーの石原 和幸は、英国の伝統的なガーデンショー『チェルシーフラワーショー』にて和の要素を取り入れた庭園を出展し、通算12個のゴールドメダルを受賞しました。
書道家でもある新日本教育の社長 田中 宏樹は、海外にも認められる日本の文化を取り入れた庭園デザイナー石原 和幸氏に共感し、業務提携をすることになりました。
提携の第1弾として、新日本教育にて日本花と緑の推進協会が運営する「花みどりマイスター養成講座」の取り扱いを開始しました。
また今後、日本文化を振興する新たな分野を増やすことができると考えており、愛知県を中心に80教室以上運営する樵雲学園にて、花みどりマイスター関連の講座を新規開講することも検討しております。

【花みどりマイスター養成講座の概要】
花みどりで自宅やオフィスなどを彩り、楽しく美しいハピネスな空間を提案できる、日常的に花みどりのある心豊かな生活を実現できる人を養成する講座です。講座監修及び講師は石原 和幸氏が務めます。
花みどりに40年以上携わってきた石原が、自ら解説しながら様々な実演をする様子をWEB動画で視聴することで、初心者でも始められる美しい庭のつくり方・屋外に限らず屋内でも手軽に花みどりを楽しめるノウハウを学ぶことができます。

■一般社団法人日本花と緑の推進協会 概要
創立  : 2022年1月14日
代表理事: 石原 和幸
所在地 : 東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7F
事業  : 花と緑の推進のための各種イベント及びセミナーの企画
     「花みどりマイスター養成講座」の資格認定
      盆栽やガーデニングの認証及び認定事業
      ガーデニング用具の販売、樹木物販事業など
ホームページ:https://j-fga.com/
詳細・申込: https://shoun.e-nippon.co.jp/fgmeister-lp
2023/6/1
プライバシーポリシー改定のお知らせ
日頃は、樵雲学園にご理解、ご協力いただき、誠にありがとうございます。
2023年6月1日より、プライバシーポリシーを改定いたします。
このプライバシーポリシーの改定によって、お預かりする個人情報の利用目的について、従来より変更はございません。

改定後のプライバシーポリシーは下記よりご確認ください。

新日本教育 プライバシーポリシー
2022/12/24
【12/24(土)おけいこのある講座の会員様へ】
午前10:00現在、名古屋市や日進市、他一部の市に大雪警報が発表されています。
気象庁より大雪警報が発表された市町村の教室は休講となります。
・講座開始2時間前に警報が発表されている場合は休講です。
・講座開始2時間前以降、講座開始前に警報が発表された場合においても休講です。

以下をお読みください。
◇会員ページ『休講ルールのご案内』
https://a14.hm-f.jp/cc.php?t=M423613&c=4426&d=36b0

警報が発表されていなくても、状況に応じて、生徒様の安全を第一に通塾のご判断をお願いいたします。

※カルチャーセンター内教室は規約が異なります。各受付へご確認ください。

***************

【カルチャーセンター内教室へお通いの会員様へ】
カルチャーセンター内教室は、各カルチャーセンターが独自で判断し臨時休講になる場合があります。その場合は各カルチャーセンター受付から会員様への連絡となります。
2022/12/19
年末年始休業のお知らせ
下記の通り年末年始休業とさせていただきます。

2022年12月27日(火)〜2023年1月9日(月):全講座一斉休講
2022年12月28日(水)〜2023年1月3日(火):本部受付休業


休業期間中でも、Webフォームからのお問い合わせは可能です。
1月6日(金)より順次回答させていただきます。
ご連絡にはお時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
2022/07/27
夏期休業のお知らせ
8月11日(木)〜 8月17日(水)まで、樵雲学園は夏期休業となります。
全講座休講となります。また受付業務もすべて休業となりますのでご注意ください。

夏期休業中にお送りいただきました、Webフォームからのお問い合わせにつきましては、8月18日(木)以降順次対応させていただきます。

【会員の皆さまへ】
各種届出の〆切は8月18日(木)までとなります。夏期休業期間にご注意ください。

※カルチャーセンター内教室はルールが異なります。各教室でご確認ください。

ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
2022/04/28
ゴールデンウイーク期間中 お休みのお知らせ
ゴールデンウイーク期間中、以下の日程でお休みとなります。

4/29(金)〜 5/1(日)
5/3(火) 〜 5/5(木)

5/2(月)・5/6(金)は通常通り営業いたします。

お問合せ等につきましては5/6(金)以降、順次ご連絡させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
2021/12/14
年末年始休業のお知らせ
12月28日(火)〜1月3日(月)まで、樵雲学園は年末年始休業となります。
受付業務がすべてお休みとなります。
Webフォームからのお問い合わせ、および、電話受付は、1月4日(火)より通常通り再開いたします。

各講座は12月25日(土)〜1月6日(木)まで休講です。
1月7日(金)より開講いたします。


ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
<< 前へ Page.1 / 29 次へ >>